HOME > 伝説の実績

WordPress  form7をgoogleタグマネージャーでイベントトラッキングする方法

多く利用されているWordPress。

これのフォームによく利用されるのがform7です。

WEBマーケターの方にとってコンバージョントラッキングするのに都合がいいのは

記入ページ

確認ページ

完了ページ

とURLがぞれぞれ異なってくれることです。

 

ただ、form7では上記全てのURLが同一なんです。

普通に最後のページ(サンキューページ)にコンバージョンタグを直張りするとトラッキングは可能なんですが、

最近ではタグマネージャーを利用することが多いので、googleタグマネージャーを利用したトラッキングの方法をご紹介します。

 

まず、googleタグマネージャーの変数の設定です。

変数

 

 

フォームの「Form Classes」にチェックを入れます。

 

 

次にトリガーの設定です。

トリガー設定

 

 

有効化するタイミングは該当するページのURLを記入してください。

 

そして、配信するタイミングに

FormClasses 含む wpcf7-form

と設定。

これでトリガーの設定は終わりです。

Yahoo!やGoogleのコンバージョンタグをタグマネージャーに設定するときに発火させるところにこのトリガーを設定すればコンバージョントラッキング可能です。

また、google analyticsの設定も

analytics

 

トラッキングタイプをイベントに設定し

カテゴリ、アクション、ラベルは自由に記入してください。

配信するタイミングをさっき設定したトリガーを設定すると

アナリティクスでイベントトラッキングが可能です。

 

ただ、サンキューページでトラッキングしているわけではないので

フォームの記入内容に不備があり送れなかった場合もトラッキングされる恐れはあります、

検証していませんが...

 

他にもトラッキングの方法は色々ありますが、ご参考に。

 

 

 

produced by 東京オフィス

 

 

 

K2コミュニケーションズ 東京オフィスはWEBマーケティングに特化し、お客様のWEB支援を行っております。

WEB その他

GoogleTagManager
トラッキング方法

2016/03/18

> 一覧へ戻る

PAGE TOP